意外に知られていない病気”男性更年期”とは

意外に知られていない病気”男性更年期”とは

更年期障害といえば年齢を重ねた女性がなるものを想像しがちですが、実は男性も更年期障害があるのです。
ちなみに男性の場合は”テストステロン”という男性ホルモンが中高年になってくると徐々に減少していくことが影響しています。
男性ホルモンが減少すると、性欲が低下して勃起障害を引き起こすことがあります。
そして、精神的にはうつになったりわけも無くイライラしたり、やる気が出ないという症状が見られます。
また、中高年に多いメタボリックシンドロームも男性ホルモンが減少することに関連があり、
男性ホルモンを補充すると内臓脂肪が減り、筋肉が増えることが知られています。
他にも関節の痛みや睡眠障害、のぼせや顔のほてり、集中力の低下や神経過敏になる等男性更年期の症状は実に様々です。
このように「身体的」「精神的」「性的」に様々な症状がある男性更年期ですが、まだまだ世間一般には知られていないのが実情です。
急に頑固になってイライラしたかと思えばがっくりと元気が無くなったりと情緒が不安定になっていても本人はそれと気づかず、
周囲の家族等が変化に気づくパターンも多いようです。
最近疲れやすい、良く眠れない、集中力が続かない等のサインに気づいたら、早めに医師に相談するようにしましょう。
また、食生活を見直したり、生活に運動を取り入れていく事も男性更年期対策として有効です。
暴飲暴食は避けて適度な運動を行い、ストレスを軽くしていくような生活を心がけましょう。

関連ページ

精力をつけるには漢方薬がおすすめです
疲労を精力剤で乗り越える
新社会人も少しずつ会社に慣れてきたこの時期ですが、徐々に仕事も本格化してきている時期でもあると思います。慣れてきたとは言っても、人間関係に徐々に慣れてきただけで、仕事の内容についてはまだまだな時期です。